へぇ~そうだったのか!?投稿動画で色んな事知っときましょう!

他にも珍しい情報をお持ちの方は教えてください。

♥ウォーターサーバーで美味しい水が飲めるシアワセ♥

 
専用のボトルをセットするだけで、いつでも冷水・温水が使用できる便利な給水&給湯機器のことです。 
もとは業務用に開発されたものでしたが、現在は水の重要性が指摘されるようになったため、
現在では家庭用としても広く普及しています。 
ウォーターサーバーは、衛生的であり、利便性と経済性に優れているのです。
 
 ウォーターサーバー徹底解剖プレミアムウォータースリムサーバー
 
ウォーターサーバーは飲用水の供給販売で用いられています。
水道水では、独特なカルキ臭がする場合もあり、
料理や直接飲用に用いたがらない方が増えてきましたが、
そういったものを逆浸透膜(RO)で除去することでそのまま飲用することもできるのです。

また、最近では水の味を重視し、
天然水(地下水)等を利用しているメーカーも多くなってきています。
サーバーには、コンセントが接続されており電気を通すことで、水を熱したり冷やしたりできるので、
24時間冷水だけではなく瞬時に熱水を用意することもできるのです。

スーパーマーケットなどの店頭に設置されるウォーターサーバーもあり、
ボトルを買い求めるなどの用法で無制限で利用できるスーパーも多いようです。

ウォーターサーバーはアメリカ発祥のもので、オフィスや一般家庭でも広く普及していますが、
日本では、ウォーターサーバー本体を買い取るシステムを採用している業者は少なく、
ウォーターサーバーの本体はレンタルが主流で、
しかも本体のレンタル料金は徴収しない業者が増えているようです。
震災以降には、安全な水を求めてウォーターサーバーを家や会社に
設置するところが増えたそうです。
 
 
テレビでも色々な種類のウォーターサーバーのCMを見ますが、
そもそもウォーターサーバーは便利なのか?
ウォーターサーバーの選び方やメリット・デメリットは・・・
 
ウォーターサーバー とは水の容器(9ℓ・12ℓ・20ℓ)をセットして
冷水(5℃~10℃)と熱水(80℃~90℃)が出てくる冷水熱水器具のことです。
水の宅配会社とのレンタル契約で設置する方式と、ウォーターサーバーを買取し、
水の宅配を依頼する方式があります。
 
ウォーターサーバーは、電気代以外に発生する費用としては、
ウォーターサーバーのレンタル代金とメンテナンス代金、
ウォーターサーバーの設置費用、
水の代金、配送代金、解約手数料などがあります。
 
 
水の消費期限としては、サーバーにセットした後は2週間~3ヶ月程度、
未開封なら3ヶ月から1年程度のものがほとんどです。
 
床置きタイプと卓上タイプがあります。
 
水の種類には
天然水採水地から天然水をそのままボトリングしている加工物なしの水のことです。
RO水水道水を高濃度フィルターでろ過した水のことです。
 
ウォーターサーバーを設置するメリットとしては
家まで届けてくれる。(水を買って持ち帰るのは大変)
業者が宅配してくれるので重たい水を家まで持ち帰る手間も省けます
 
1台で冷水と温水のどちらも飲めるのがウォーターサーバーの特徴です。
すぐに冷たい水、熱いお湯を使うことができるため、使いたい時に氷で冷やしたり、
お湯を沸かしたりする手間がはぶけます。
 
すぐにお湯(85~90度)が出ますので、赤ちゃんのミルク作りや、
コーヒー、お茶などを入れるのに重宝します。
 
災害時の水不足等の備えにもなります。
水不足時に助かります。
 
電気代は、業者や使い方によって若干変わりますが、月々1000円前後のところが多いようです。
 
 
ウォーターサーバーを設置するデメリットとしては
水を交換するのが重い・・・女性の場合は少し力がいります。
 
電源を常に入れておく必要があります。
そのため、コードが届く範囲で設置する必要があります。
コンセントを抜いてしまうと、水自体の品質が落ちてしまうことがあります。
 
フローリングの上に直接設置したり、または物と触れ合うような場所に設置すると、
音が気になる場合があります。
水の容器の中に空気が入るため、ポコポコという音が気になるという方もいます。
 
お湯の温度は80度位なのでお茶等を飲むにはいいですが、
カップめんなどの湯温にしては低いかもしれません。
 
基本的には利用開始から1年以内で解約すると、
3,150円~5,250円程度の解約料がかかることがあります。
 
ウォーターサーバーの選び方としては
価格的には、どこのウォーターサーバーを使ってもあまり変わらないようです。
 
『水の値段』『サーバーレンタル料』『送料』『メンテナンス代』
『解約料金』『電気代』など、全ての費用を考慮する必要があります。
 
注文システムとしては、
毎月の分量をあらかじめ決めておくタイプや、好きに分量を変更できるタイプや、
変更できる期限があるタイプなどがあります。
どのていど水を使うのか備蓄分も含めて計算し、実際の生活に合った注文ができる
システムのメーカーを選ぶのがベターです。